若ハゲ改善

「髪の毛」何でできている?薄毛を改善したいけど実は知らない人が多い

髪の毛について

若ハゲを治したいのはわかりますが、髪の毛について知らないのではないのでしょうか?

髪の毛について知らなければ、いつまでたっても情報に騙されてしまいます。

  1. 髪の毛は何でできている?
  2. 髪の毛の成分は?
  3. 結局何の栄養とれば髪の毛は生えてくるの?

髪の毛の理解を高めて、クリニックに行かずに家で改善する方法を見つけていきましょう。

髪の毛について

私も初めは、「髪の毛」についてなんて知ろうとも思っていませんでした。

ただただ改善するためにはどうしたらいいかということだけを調べていました。

しかし、それだけでは情報が正しいのか?サプリメントは何を買えばいいのか?食品は?

全然気を付けることができないんですよね。

髪の毛の成分

私たち人間の髪の毛は、大部分がケラチンタンパクというタンパク質からできています。

ケラチンは数種類ものアミノ酸から作られている成分です。

【18種類のアミノ酸】

システイン(シスチン)、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン、セリン、アスパラギン酸、ヒドロキシプロリン、ヒスチジン、スレオニン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、アラニン、バリン、チロシン、グリシン、プロリン、とこれだけのアミノ酸が合成し、ケラチンを作っているのです。

※体内でケラチンを作るには、上記のものアミノ酸を摂取しなければ髪の毛はなかなか上手く生えてこないということが考えられます。

そして、このケラチンタンパクには多くの「シスチン」が含まれており、このシスチン成分で髪の毛の耐久性を高めています。

 

ほかにも、水分が10から15%、メラニン色素・脂質・微量元素などの成分が3%以下で構成されています。

微量ですが、リン・ケイ素・マグネシウムなどの無機質も存在し、体内に侵入した有害物質を体の外に取り除く機能があります。

このことから、専門の方に髪の毛を調べてもらうことで体の異常を知ることもできるそうです。

【アドバイス】

「髪の毛が何でできているか?」を知っているだけでも意識できることが相当増えましたよね。

その意識を忘れずに、食品・サプリメントを摂取してみてください。

髪の毛の埋まっている部分について

皮膚の外から見えない部分には毛球・毛乳頭・毛細血管・毛母細胞・毛包・立毛筋・皮脂腺、様々な呼び方をする部位が存在します。

  • 毛球

抜けた髪の毛の根っこの丸い部分を毛根と呼ぶ方もいますが、丸い部分はまた違う部分で毛球と呼ばれています。

毛球は毛乳頭と毛母細胞から成る、毛細血管から栄養分を吸い上げてくれる役割があります。その栄養をもとに毛母細胞が細胞分裂することで髪は成長していきます。

 

  • 立毛筋

立毛筋の主な働きとして、寒さから身を守る働きがあります。

立毛筋が収縮することで毛穴がふさがれ、皮膚を閉じます。皮膚を閉じることにより体温を体の外に逃がさず身体を温めることができます。

 

  • 皮脂腺

皮脂腺とは、皮膚の内部にある小さい腺で頭皮に皮脂を分泌することにより、頭皮の保護・保湿する働きがあります。

 

  • 毛包

毛包は毛を入れる袋みたいなもので、毛がするする抜けるのを防いでくれる働きがあります。

髪の毛を生やすには

髪の毛を生やすには?髪の毛を生やすには?

髪の毛の成分がわかったところで、実際その髪の毛の成分をとっていれば髪は生えてくるのでしょうか?

みていきましょう。

髪の毛を生やすには、タンパク質・ビタミン・ミネラルからなる「三大栄養素」が欠かせません。

どれがかけても、ヘアサイクルが崩れてしまいます。

若ハゲで悩んでいる方が陥っているのは、このヘアサイクルによる抜け毛の影響です。

 タンパク質

先ほども紹介しましたが、髪の毛の成分のほとんどがケラチンです。

質のいいケラチンを作るためには、タンパク質を積極的に食べることが一番いいでしょう。

肉・卵・魚に含まれています。この中で一番良質的なタンパク質を摂取できるのが「鶏肉」です。

鶏肉には、良質的なタンパク質だけではなくコラーゲンも豊富に含まれています。

コラーゲンは血管を丈夫にしてくれるという効果もあるので、乱れた生活で衰えてしまった血管を修復して、頭皮の隅々まで栄養が届きやすくしてくれます。毛細血管が弱いと頭皮の隅々まで栄養は届きません。

つむじなどの血管が少ない場所が禿げる原因は毛根血管が弱っている可能性でもありますね。

ビタミン

ビタミンの主な仕事は髪の毛の生成工程を助けることです。

タンパク質がアミノ酸に分解される工程を手助けする働きがあります。

このことを踏まえて考えると、ビタミンが不足していてもアミノ酸への分解がうまくいかずに、質のいい髪を生やすことはできませんよね。

じゃあどんな食べ物を食べればいいのか?ビタミンにも様々な種類がありますが、一番バランスよく摂取できる食べ物としてピーナッツがあります。

ピーナツには、ビタミン以外にもミネラル・良質なタンパク質・脂質が含まれています。

ピーナツはお菓子やおつまみの感覚で売られている商品よりかは、落花生と書かれている物がおすすめです。

ピーナッツと若ハゲの関係性
ねぇねぇ知てる?ピーナッツと若ハゲ若ハゲの皆さんは、どこまで若ハゲを改善できる食材を知っていますか? 私は若ハゲの頃とことんまでに若ハゲを改善できる食べ物を調べてい...

 

ミネラル

ミネラルの役割はビタミンと同じように髪の毛を作るためのサポート役です。

中でも必須ミネラル。皆さんご存知「亜鉛」です。

アミノ酸からケラチンへの生成工程では欠かせない存在で、ビタミンの吸収率をアップする働きがあります。

若ハゲになる前から、髪の毛には「亜鉛!亜鉛!」と聞きますが、その通りで亜鉛が不足すると、そもそもケラチンを生成するのが難しくなってしまいます。

ここでは代表的なものしか、紹介しませんが「亜鉛」といったら牡蠣ですよね。

牡蠣は亜鉛がたくさん含まれている食材で、効率よく牡蠣から亜鉛を摂取するには生で食べるのが一番です。

牡蠣が苦手という人はこちらを参考にしてみてください。

牡蠣(亜鉛が多い食品)
亜鉛で若ハゲ改善?噂ではない!理由知っていますか? 髪の毛が一生生えてこない状態になる前に、早めに 栄養・成分の情報を取得しておこう! 亜鉛...

最後らへんに亜鉛を多く含む食材が載っています。

まとめ

髪の毛の知識をこの記事だけでかなり習得できてしまったのではないでしょうか?

噂では聞くけど、そもそも何を食べたらいいかわからなかった人も今回ではっきりしましたよね。

若ハゲを改善するには、まずは知識の量を増やすことが重要です。

私はできる限り毎日記事を更新していきます。

Twitterでも更新したときにつぶやくのでフォローしといて損はないと思います。