食べ物

バナナで健康になりませんか?これ知っていましたか?

バナナの説明

「バナナを食べることにより健康な体を作れることを知っていましたか?薄毛を改善するうえでも体の健康状態を保つことは重要です」

若ハゲとうつ病、引きこもりを改善した「アオイ」です。

今回は、バナナについて解説していきたいと思います。

バナナは薄毛を改善している途中のあなたのからだをケアしてくれるとても身近で簡単い購入できる食材です。

  • 疲れた
  • ストレスたまる
  • 薄毛を治すための薬の影響を減らす

様々な効果があるので最後までご覧ください。

バナナの栄養と効果とは?

バナナ

皆さんご存知あのバナナ。身近にあるから逆に知らないことがたくさんある食材なのではないでしょうか?

私が初めてバナナの効果を知った時は驚きました。

  1. 腸を健康にする
  2. ビタミンB6
  3. カリウム
  4. エネルギー補給
  5. 心臓との関係
  6. 食欲との関係
  7. 腎臓との関係

腸を健康にする

普段売っているバナナ一本分には、満腹感のもとでもある食物繊維が3グラム含まれています。

それにプラスして、腸内の善玉菌を増やしてくれる発散性の食物繊維の一種「プレバイオティクス」という微生物が含まれています。

そのため、大腸に存在する有益な最近の栄養源・大腸の腸内フローラ攻勢を健康的なバランスに改善、維持・人間の体の健康を増進、維持などの体にとってはかなりメリットがあるのです。

【食物繊維】

一日に摂取しておきたい食物繊維量は24グラムです。

ビタミンB6

バナナにはビタミンB6が豊富に含まれています。

私たちの体は様々な化学反応を起こすことでエネルギーを発生させています。臓器が動いているのはそのためです。その化学反応を起こすたんぱく質を酵素といいます。

その酵素がしっかり働くことができているのは、酵素を助けるための補酵素があるからです。

ビタミンB6はその補酵素に当たります。

  • アミノ酸の代謝
  • セロトニン
  • ギャバ
  • ドーパミン
  • アドレナリン

上記の生成に深くかかわっています。

このビタミンB6は水溶性のビタミンなので、過剰に摂取しても問題ありませんが、バナナに入っているほかの栄養素が過剰摂取による影響を受けてしまう可能性があるので、一日のバナナの本数として1本がおすすめです。

カリウム

アメリカの国立衛生研究所によると、バナナ一本分に含まれているカリウムの量は422ミリグラムです。

成人男性の一日の摂取量は2500ミリグラムなので一本でなかなかいい量を摂取できるということですね。

カリウムの場合も過剰摂取してもほとんど問題ということなので、カリウムの多い食材は積極的に食べていきたいですね。

※普通の食事でカリウムを過剰摂取することは逆に難しいそうです。

【カリウムが不足すると起こる症状】

  • 高血圧
  • 腎結石
  • 筋肉のけいれん

エネルギー補給

バナナエネルギーの補給に役立つ

運動する前に食べるといい理由は、エネルギーになるの天然の糖分を含むためです。

しかも、胃の負担にもなりにくい食べ物なので運動をする方は、運動する前に食べることで自分の力を最大限に発揮できるでしょう。

このエネルギーの成果は、研究により明らかになっており「バナナには運動の成績を他県るユニークな化合物が含まれている」そうです。

運動後

運動前に食べる効果を発揮するだけではなく、運動後の疲労も回復できるそうです。

2018年の参加者20人の研究によると、バナナにふくまれる化合物とフィトケミカルには、耐久力のトレーニングをした後の身体の炎症を軽くする効果が確認されました(医学、科学誌『プロス・ワン』の報告より)。

このフィトケミカルを調べてみると結構面白いことが書いてある記事がたくさんあるので、調べてみるのも暇つぶしにしてみてください。

心臓との関係

この心臓との関係もカリウムのおかげです。

カリウムは必須ミネラルです。

このカリウムの働きにより、心臓の負担になる過剰なナトリウムを尿で排出できるようになるので、心臓に与えるダメージを少なくしてくれるのです。

食欲との関係

食べ過ぎは薄毛の原因の一つです。急激な血圧上昇、血糖値上昇を招く行為でもあります。

その行為を防ぐことができるのです。

これも研究結果として出ていて、バナナに含まれている「レジスタント・スターチ」と呼ばれる食物繊維により、「カロリーをたくさんとってしまうのを防ぎ、食欲を抑えてくれる」というのです。

実際にバナナを食べることにより、満腹感を得られるという感覚になる人も多いのではないでしょうか?

腎臓との関係

一日一本のバナナで医者いらず」という言葉があります。

この言葉は今まで紹介したバナナの効果からもわかると思いますが、腎臓との関係も明らかになってきています。

スウェーデン人の女性6万人以上が参加した研究によると、野菜と果物をたくさん(毎日およそ3回分以上)食べた人が肝臓がんで一番多いタイプの「腎細胞がん」になるリスクが低くなったそうです。

とくにこの「腎細胞がん」とのかかわりが深い食べ物こそが今回紹介しているバナナです。

抗酸化効果のある化合物「フェノール類」が多く含まれているためです。

そして、9万人以上もの女性が参加した研究ではカリウムを1日に4099ミリグラム以上摂取している女性は、2047ミリグラム未満だった女性よりも「腎結石」になる確率が35%も低いという結果が出たそうです。

【腎結石にならない理由】

腎結石の原因の一つである余分なカルシウムを身体から排出するというはたらきがあるためです。

まとめ

今回はバナナの効果についてまとめてみました。

薄毛と関係ないと思っている方もいるかもしれませんが、これ以外にもまだまだバナナの効果はあります。

今回は体の健康をテーマにまとめました。

下の記事は、薄毛を主に書いております。

https://radonresponse.com/wakahagebanana/

今すぐ行動することが大事

今回はバナナについて紹介しました。

私も実践していたことです。

ステップ①

スマホにメモ(バナナを買う)

ステップ②

毎日バナナがなくならないようにバナナを買っておきましょう

メモを見なくても自然と、スーパーのバナナコーナーに足を運べるようになります。