栄養

【季節の変わり目】ストレスを解消する栄養素・食べ物

季節の変わり目

体調に変化が出やすい季節の変わり目やストレスの多い現代では、イライラや精神の不安定な状態が続きますよね。

  • ストレスを解消する栄養素
  • 栄養素の詳細
  • 食べ物

上記を今回は紹介していきます。

ストレスはサプリメントでも解消できるのですが、食べ物や栄養素の詳細まで知ることにより、ストレス激減・食べ物を意識できるなどの様々な効果が生まれます。

ストレスは絶対に禿げる。進行する前にストレス解消サプリメント 「若ハゲから引きこもりにならないためにはどうしたらいいですか?」 このような質問がきたので答えていきたいと思います。 ...

例えば、「あれを買うと若ハゲにつながるな」でも「あれを買うことにより相殺」できるな。

食品を買うときの意識も大きく変わってくるはずです。

私は、今でも様々な情報が頭の中に入っているのでスーパーに行ったときに絶対に買わない商品もあります。

デメリットだけではなく、メリットも知っておくことで「たまに買ってみよう」という気持ちにもなる商品もあります。

ストレス解消・精神安定に効く栄養素

  1. トリプトファン
  2. カルシウム
  3. ビタミンB6
  4. マグネシウム
  5. ビタミンB1
  6. ビタミンC
  7. タンパク質

 

 トリプトファン

トリプトファンとは、幸せホルモンでおなじみの「セロトニン」を作るのに必要な材料です。

トリプトファンは、体内で生成できないので食事から摂取するしかありません。

食べ物から摂取したトリプトファンは、日中は脳内でセロトニンに変化します。

夜になると睡眠を促すための成分「メラトニン」に変化します。

そのため、トリプトファンが不足するとイライラの原因以外にも不眠症の原因にもなってしまいます。

若ハゲを改善するために必須といってもいい成分です。

睡眠の質を上げることは髪を生やすうえでは絶対に通らなければいけない道です。

どんなに健康な人でも、睡眠の質が低下してしまえば体に異常が出ます。

禿げる可能性もあるでしょう。

トリプトファンを多く含む食品

  • 豆腐
  • 納豆
  • 味噌
  • 醤油
  • 大豆製品
  • チーズ
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • ゴマ
  • ピーナッツ   参考:ピーナッツについて
  • バナナ

肉や魚にもトリプトファンは多く存在しますが、動物性たんぱく質に含まれているBCAA という成分がトリプトファンを脳へ取り込みにくくします。

 カルシウム

カルシウムは、体重の1~2%含まれており、生体内に最も多く存在するミネラルです。

その中の99%はリン酸と結合したリン酸カルシウムとして、骨・歯などの硬組織に存在しています。

ほかの1%は、血液・筋肉・神経などの軟組織に存在しています。

この1%がカルシウムとイライラに関係性があります。

血液中のカルシウム濃度が低下すると、情緒不安定・集注困難といった精神的症状が出始めます。

この症状は、医学的に認められている症状です。

プラスして、この症状以外にも血液中のカルシウム濃度が低下することにより。

  • テタニー(筋の痙攣)
  • てんかん(全身の痙攣)

などの症状も起こりうる可能性があります。

カルシウム過剰摂取による影響。

  1. 高カルシウム血症
  2. 高カルシウム尿症
  3. 軟組織の石灰化
  4. 泌尿器系結石
  5. 前立腺がん
  6. 鉄・亜鉛の吸収障害

特に6番、若ハゲを改善したいならば重要ですよね。

ビタミンB6

ビタミンB6は水に溶ける水溶性のビタミンの一つです。食品中のタンパク質からエネルギーを生産したり、筋肉や血液などを作るときに働いています。

タンパク質を多くとる人ほどたくさん必要になる成分です。

主な働きとしては、今紹介した働きですが他にも、うつ予防・脳波異常予防・痙攣発作予防にもつながります。

若ハゲを改善している人ならばおわかりでしょうが、相当精神的にくるものがあります。

その精神的なダメージをビタミンB6は解消してくれるでしょう。

ビタミンB6を多く含む食材

  • かつお
  • レバー
  • バナナ

体をたくさん動かす仕事をしている方は、バナナを摂取することによりエネルギー源になるほか、ビタミンB6 を摂取できるのでお勧めです。

マグネシウム

マグネシウムは体の中で約300種類もの酵素反応に関与しています。

マグネシウムが不足することにより、体の中で化学反応が円滑に行われなくなり、疲れやすい・だるい・イライラするなどの症状が現れます。

しかし、マグネシウムを摂取しすぎるとカルシウムの吸収を阻害してしまうので「2:1」のカルシウムを多めに摂取することが理想とされています。

マグネシウムを多く含む食材

  • そば
  • のり
  • ひじき
  • 豆腐
  • 抹茶
  • ごま
  • シイタケ
  • いも
  • 牡蠣
  • 納豆
  • 果物

ここまで半分ほど精神を安定させ、イライラ・ストレスを軽減する食べ物詳細を説明していきましたが、食品の中ではかぶっている物がチラホラありますよね。

例えば、バナナ・豆腐・納豆などです。

これは、若ハゲを改善するためにも効果的な食材です。

食品一つからたくさんのメリットを取り入れることができるので一石二鳥ですね!

食品の大量買いもなくなりますし節約にもなります。

ビタミンC

皆さんもよくご存知だと思われる成分ビタミンC。

ビタミンCには、美容にいいなど言われていますが美容にいいのには理由があります。

体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠だからです。

また↓

  • 病気耐性up
  • ストレス抵抗力up
  • 鉄の吸収力up
  • 動脈硬化予防

若ハゲを改善するためには必要な効果がいっぱいです。

ビタミンCを多く含む食材

  • 柑橘類
  • イチゴ
  • 野菜
  • いも

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。

出来れば新鮮な生で食べましょう。

※洗いすぎもよくありません。

タンパク質

タンパク質は人間の体の15~20%を占めています。

このたんぱく質は、筋肉・臓器・肌・髪・爪・ホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素などの運搬を行います。

タンパク質不足になることで。

  • 筋肉量減少
  • 肌のトラブル
  • 髪のトラブル
  • 集中力低下
  • 思考力低下
  • 冷え性

などのトラブルが体に起こってしまいます。

タンパク質を摂取しすぎによるデメリット

・カロリーオーバーによる肥満

・腸内環境の乱れ

・肝臓、腎臓への負担による内臓疲労

薬を今飲んでいる方も多いと思います食事による内臓へのダメージはしっかりと考えてあげてください。

薬のみで改善したとしても、今度は命にかかわる病気へ発展する可能性があります。

タンパク質を多く含む食材

  • 肉類
  • 魚介類
  • 卵類
  • 大豆製品
  • 乳製品

普段何気なく食べている食品に多く含まれています。

若ハゲの皆さんは逆に過剰摂取になっている可能性もあるので、一日の食事のタンパク質摂取量は気を付けるようにしましょう。

まとめ

今回は成分の簡単な詳細とそれを含む食品の説明でしたが、これからはさらに掘り下げた記事も追加していこうと思います。

まずは、今回紹介したストレス解消の栄養素を頭の隅っこに置いておくぐらいにしておきましょう。

少しづつ、「この食品はあまり若ハゲ改善にはよくないな」と思えるようにしていけば大丈夫です。

私は自販機の前ですらそんなことを考えるようになってしまいました。(笑)