食べ物

「コーヒー」って実際に若ハゲは改善するの?いろいろな噂があるけど?

こんにちは。若ハゲのミカタ「あおい」@igaraaoiです。

今回は、気になるあの「コーヒー」にまつわる噂について紹介していきます。

コーヒーについて知るだけで、あなたの生活がガラッと変わるかもしれません。

あなたはコーヒーを飲んだらどのようにな効果を得られると思っていますか?

  • 若ハゲが進行する?
  • 若ハゲが改善する?
  • 発毛効果がある?
  • AGAを抑制してくれる?
  • 血糖値を下げてくれる?

若ハゲが改善したり、しなかったり。飲んだ方がいい、飲まないほうがいい。様々な情報がネットでは出回っていますよね。

実際にどれも正しい情報ではあります。正しくコーヒーを飲むことが大事なんです。

若ハゲ君
若ハゲ君
正しくコーヒーを飲むってどゆこと?

まずはコーヒーの効果や概要についてまとめていきます!

コーヒー概要

コーヒーの概要コーヒーの画像

「コーヒー概要」

コーヒーとは、「コーヒーノキ」の趣旨を焙煎して 挽いた粉末を、水やお湯で抽出した飲み物のことです。

意外にも、コーヒーの歴史はお酒・茶などよりも浅いんです。

ですが、今では世界中で好まれて飲まれていますよね。

 

名前の由来:アラビア語の「カフア:qahwa」から発音が訛ってコーヒーと呼ばれるようになりました。

もともとは、「カフア(qahwa)」とはワインのことを指す言葉でしたが、ワインと同じような覚醒作用が

あったため、コーヒーがカフアと呼ばれるようになったらしいです。

 

「コーヒーの歴史」

文字の記録によると、コーヒーの記録は10世紀ごろにアラビア人の医師ラーゼスの

手によって残されたものが最古だといわれています。

 

そして、日本にやってきたのが18世紀末でオランダ人によって持ち込まれたとされています。

日本におけるコーヒーの歴史はまだ浅く300年程度といわれていま。

 

インスタントコーヒー知っていますよね?

あのインスタントコーヒーは日本人が開発したものなんです。

1898年、加藤サルトリ博士が真空乾燥法によってインスタントコーヒーの開発に成功しました。

 

しかし、加藤サルトリ博士は特許をとっていなかったため、1903年にジョージ・ワシントンが別の

生産方法を開発し特許をとりました。

そのため、正式な発明者はジョージ・ワシントンとなっています。

加藤サルトリ博士は幻の発明者といった感じですね。

コーヒーの効果(メリット)

コーヒーのメリット

死亡リスクの低減

国立がん研究センターによる10年以上にも及ぶ調査結果によると、1日に飲むコーヒーの量で死亡リスクが低下しました。

1日3~4杯飲む人が一番死亡率が低く、心疾患死亡、脳血管疾患死亡、呼吸器疾患死亡が得にリスクを低減すると認められています。

5杯以上は、逆に死亡リスクが上昇するため多くても4杯程度にしましょう。

脳の活性化

コーヒーのカフェインには神経を興奮させる作用があります。

アデノシンという物質が受容体に結合するのを防ぐため、カフェインは神経がたかぶります。

結果神経がたかぶることで下記のような状態になります。

  • 集中力up
  • 眠気防止
  • 思考力up

眠気防止なんかはすぐに感じられるメリットではないでしょうか?

若ハゲ改善途中にあるあるで、ストレスや頭の使い過ぎでハゲるのでは?とおもい極力頭を使わないようしていませんか?そうなると、集中力は低下しっぱなしですよね。そんな時に、コーヒーの脳活性効果を有効に使って気分もスッキリするのはいかがでしょうか?

二日酔いの低減

アルコール類を飲むと頭が痛くなる時がありますよね。

頭が痛くなる原因として、アセトアルデヒドという物質が蓄積して脳の血流が悪くなっているせいです。

カフェインの利尿効果によってアセトアルデヒドを排出してしまえば血流が良くなり頭痛は和らぎます。

アルコールを飲んだ後、頭が痛くなるようでしたら、育毛面から見てもコーヒーは飲んだ方が若ハゲ改善につながります。

プラス、AGA抑制薬を飲んでいる場合肝臓機能が低下する恐れがありますが、その機能を回復させてくれる働きも持ち合わせています。

血糖値を低下させてくれる

コーヒーには血糖値を下げる働きをする物質「クロロゲン酸類」が含まれています。

特にコーヒー生豆にはクロロゲン酸類が豊富に含まれています。

食前や食後にコーヒーを飲むことで、食後の血糖値を急激に上昇するのを防いでくれます。

血糖値の上昇を防ぐことにより、全身の血管のダメージを激減させることができるでしょう。

それにより、若ハゲ改善効果につながります。

育毛をするうえで一番大事なのが、血液の質と血管です。AGAの原因である5aリダクターゼを抑制しようとしても、血液量が少なければ効果があることを試してもプラスマイナスゼロぐらいの効果にしかならないでしょう。

食べ物消化の補助

ここでも噂です!

コーヒーは胃を荒らすという噂もありますが、食後に飲むと消化を促進するともいわれています。

はっきりとコーヒーに消化機能の関係性があるかわかっていませんが、可能性は高いといわれています。

  • 胃電気活動が活発化する
  • クロロゲン酸は胃酸分泌作用を促進させるとされている

このような報告がされています。

まだまだ解明とはいきませんが、信じて食後などに飲むと効果的だと思います。

ほかの効果も十分に若ハゲ改善になりますし。

腸を整える作用

コーヒーにはオリゴ糖の一種「コーヒー豆マンノオリゴ糖」というものが含まれています。

こんな名前の物質あんのかよと思うと思いますが、あるんですね(笑)

しかも、腸を整えてくれる作用があるんです。

しかし、残念ながらこの「コーヒー豆マンノオリゴ糖」はドリップコーヒーではすべて取り除かれてしまいます。

そのため、この効果を得たい場合は、インスタントコーヒーを飲むしかないようです。

インスタントコーヒーも捨てたもんじゃないですね

私は若干あの粉っぽさが苦手。

リラックス効果

コーヒーには神経を興奮させる意外にも、リラックス効果もあるんです。

なんだか矛盾してますね。

リラックス効果があるのは、コーヒーの香りです。

コーヒーの香りをかぐことにより脳におけるα波が増えたという研究結果があります。

コーヒーの香りを意識して、午前中の疲れを取り除くのにも使えますね

ストレスや疲れをためたままだと、最終的には血管の収縮やうつ病の原因になるので、

コーヒーを効果的に使っていきましょう!

うつ病予防

なんと!「うつ病」も予防してくれます。

しかし、コーヒーがうつ病に及ぼす影響は二通りあります。

  1. うつ病の予防
  2. うつ病の悪化

うつ病ではない人が、コーヒーを飲むとうつ病のリスクを減少させてくれるセロトニンやドーパミン等の神経伝達物質の分泌をサポートしてくれるためです。

うつ病の人がコーヒーを飲むと、症状が悪化する恐れがある原因は、不安定な神経が神経伝達物質によって興奮状態になるため、さらに不安定になるからです。

コーヒーの効果(デメリット)

コーヒーのデメリットコーヒーのデメリット

コーヒーにはメリットが多いですが、デメリットも多いです。

しかし、それを防ぐ食べ物を一緒に食べたりサプリメントで補うことは可能です。

低血糖

先ほどもお話ししたように、コーヒーには血糖値を下げる働きがあります。

恩恵を受けすぎて、低血糖に陥る可能性があります。

その結果。

  • めまい
  • 頭痛
  • 倦怠感

などといった症状が現れる可能性もあります。

貧血

コーヒーにはタンニンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。

その物質が、鉄分の吸収を妨げることにより、貧血の症状に陥ります。

  • めまい
  • 立ち眩み
  • 冷や汗
  • 空腹感

しかし、タンニンは生活習慣病の予防や美肌効果があると、注目されている成分なのでタンニンによるメリットがあることをお忘れなく

ハゲやすくなる

これは、医学的には証明されていません。

コーヒーの飲みすぎでストレス・栄養の排出などで髪の毛が育たなくなる可能性は大きくなります。

飲みすぎなければメリットだけを受けることができるでしょう。

肌の異常

上記で紹介したように、コーヒーを飲みすぎると栄養などが排出されてしまいます。

その結果、ニキビ・しわ・シミができやすくなります。

コーヒーは若ハゲ改善の手助けになる

今紹介したデメリットは飲みすぎなければ、ほとんどの場合症状は現れません。

なので、結果若ハゲ改善には手助けになることがわかりますね。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 精神的な面の補助
  • 腸を整える作用

このメリットたちを生かすことにより若ハゲ改善の補助は可能です。

私の考えとしては、コーヒーは1日2杯までと決めたほうがいいと思います。

若ハゲ改善に必要なメリットを生かすには、食前・食後のどちらかに飲むようにしましょう。

そして、朝や夜はコーヒーを飲まないようにしましょう。

そう考えると、一日に飲むコーヒーのタイミングも限られて、飲む回数も減ると思います。

私の場合は、食べ過ぎた時にコーヒー飲んだり、たまに飲みたくてたまらなくなった時に飲むくらいにしていました。

まとめ

コーヒーは飲みすぎなければ、メリットだけを発揮できるということが分かったでしょうか?

全くのまない人でも、一週間に一度だけ飲んでみるのも悪くないと思います。

アドバイス

  1. 飲みすぎている人は量を減らしましょう。
  2. 飲むタイミングが、朝だったり・夜だった人は、昼の食前・食後に変えてみましょう
  3. コーヒーだけで若ハゲが治ると思わないようにしましょう
  4. AGAを抑制する作用はありません。(食事や薬、サプリメントで改善する)

line@で悩み相談も受付中です。

友だち追加