運動

薄毛が治ると思ってやっている運動はもしかしたら薄毛の原因に

「薄毛を改善したいんだけど、運動って効果あるんですか?」

今回はこんな質問(やってはいけない運動)に答えていきたいと思います。

 

こんにちは。若ハゲを改善し今なお運動に気を使っている「アオイ」です。

 

因みに、あなたは薄毛を改善するために運動をしていますか?

どのような運動でしょうか?

  • 腹筋
  • 腕立て伏せ
  • ジョギング
  • ランニング
  • 背筋

筋トレのようなハードなものからストレス発散などの健康向けの運動まで様々あるとおもいます。

薄毛を改善するにあたって、私が紹介するすべてのことは大事なのですが、今回紹介する運動もかなり大事です。

 

一生髪の毛が生えてこない状態になる前に、一緒に改善できるところは改善していきましょう!

薄毛になる運動のポイント

ポイントさえつかんでおけば、「この運動はあまりよくな」という感じで自分で薄毛になる運動がわかってくると思うので、ポイントはずっと意識していきましょう

 

薄毛になる運動の共通点

  • 主に無酸素運動
  • 体に力が入ってしまう運動
  • 体にストレスがかかってしまう
  • 精神的苦痛を味わう
  • 気分転換にならない

 

上記の運動をすることによって起こる薄毛の原因

  • 動脈硬化になりやすく、栄養や酸素不足になる
  • 血管の寿命を縮める・老化の原因になる(将来ハゲやすくなる)
  • 血液中の酸素が不足することにより、育毛・発毛がしづらい状態になる
  • 脳卒中の原因にもなる

 

基本的に今から紹介するものは、人生を生きていく中で必要でない筋肉をつけていくものです。

普通に生きていくならば、これから紹介する運動は薄毛改善に対してはデメリットのほうが多いでしょう。

筋力トレーニング

筋力トレーニングは、普段の日常生活では使わないような筋肉や圧力を筋肉にかけることによって、その部位を集中的に鍛える方法です。

例えば。

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 背筋
  • ジムなどで見かける機会を使った筋力アップトレーニング

などです。

筋力トレーニングは、無酸素運動で血管にかなりのダメージを与えています

そのため、薄毛の原因にもなりえる運動といわれています。

 

実験結果でも、筋力トレーニングをした後に大動脈が硬化していることが証明されています。

若ハゲの方は、高血圧気味の方が多いということが研究結果から分かってきています。日頃から高血圧の人が急激に運動を始めるのは危険が伴います。血管が硬くなった動脈硬化が進んでいる可能性もありますし、このような方が、いきなり無酸素運動の筋トレを行うと、筋肉が血管を締め付けて血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めます。

若ハゲと心臓病の関係
「若ハゲ」と心臓病の関係性、あなたの体は大丈夫? あなたは若ハゲを早く治すことだけを考え ついつい、食生活を改善しようという考えを捨てがちではないですか? ...

短距離走

思いっきり走ることはお勧めしません。

こちらも同様、血管へのダメージが大きくほとんど無酸素運動に近い運動になってしまします。

ストレス発散などで走る場合は、気持ちいぐらいのスピードで風景や音楽を楽しみながら走りましょう。

無酸素運動で脂肪燃焼もダウン

過度な無酸素運動は脂肪燃焼もダウンしてしまいます。

有酸素運動と無酸素運動では、エネルギー源とするものが違い、有酸素運動は主に脂肪と糖質を使いますが、無酸素運動は糖質のみを使うからです。

無酸素運動は瞬発的に大きなエネルギーを必要とするので、常時、筋肉に蓄積されている糖質がエネルギー源として使われます。

脂肪は、血液の流れの邪魔にもなりますし薄毛を治すならば脂肪があるより、ないほうがマシでしょう。

まとめ

ステップ①

まずは薄毛になりやすい運動のポイントを理解しておこう!

ステップ②

薄毛になりやすい運動は控えよう

ステップ③

薄毛を改善する運動をしよう

育毛に効果のあるとても簡単な運動はこれだ! 「噂でこの運動がいい!これもいい!みたいなことよく耳にしますけど本当に育毛に効果のある運動って何ですか?」 今回はこん...

薬などに頼らずに薄毛を改善することで、将来的にも継続的に薄毛を縁のないモノにできます。

まずは、簡単なことから薄毛改善法を実行してみましょう。