子育て・育児

保護者として不登校の子どもにどう対応したら良いか考えてみた

保護者として不登校の子どもにどう対応したら良いか考えてみた

ニュースで不登校が増えていると何度か耳にしたことがあったが、自分とは関係のないことだと思っていた。

我が家は、多分、普通に子育てをしていて、子どもも特に問題なく育ってきた(と思う)。

親として不登校に直面したらどうだろう

そんななか、知り合いの子が、学校へ行きたがらなくなって、本当に毎日「学校へ行く行かない」で、親子でバトルのようになってしまっていると聞いた。まあ、バトルと言っても、暴力があるということではない。ちょっとした会話で、子どもが激しく落ち込んでしまって反応もしなくなったり、部屋にこもってしまったりするので、どうしたら良いかわからないということだ。

そういう話を聴いても、「そうなんだ。」「きっと何とかなるよ」などと意味のない気休めを言うだけで、全く気の利いたことも言えなかった。よくよく考えてみると、我が家の子どもだって、いつ同じように学校へ行けなくなってしまうかもしれない。そんなときに、どう対応したら良いか、どう声かけて良いか考えてみることにした。

ただ、自分だけで考えてみるのは、難しいので「不登校への保護者のサポートや対応|守谷市リソースポート」の情報を参考に考えてみた。

「学校へ行きたくない」に親としてどう答えるか

「学校へ行きたくない」に親としてどう答えるか

そのサイトでは、例えば、「学校へ行きたくない」と子どもから言われたときにどう言葉を返したら良いか具体的に解説していた。自分の場合どうかと、普通に考えてみると、「即座に、何バカなこと言ってるんだ、さっさと学校へ行きなさい」と言ってしまいそうに思う。子どもが学校へ行けなくなっている状況を想像して、その子どもの「心のケア」のようなことを第一にしてどう言うか考えると、「どうして学校へ行きたくないの?」と理由を聞こうとするかもしれない。しかし、専門のカウンセラーの回答はどちらとも全く違っていた。「行きたくない」と言えたことをほめてあげるというのだ。「学校へ行きたくないって、言えたのは大切なことだね」などと言ってあげることが大切だと言うのだ。

最初はちょっと驚いた。なかなか言えないような返しである。そもそも「学校へ行きたくない」ということを簡単に認めてしまって良いのか疑問にも思う。

しかし、よく考えてみると「行きたくない」ということを認めたわけではなく、言えたことを認めているだけである。そこは、微妙にと言うか、かなり違うのではないかと思う。それから、仕事上のことともつながることを考えた。問題が生じているときに、その報告がないと、どんどん問題が拡大してしまうリスクがある。仕事では問題が生じるのは当たり前で、それを一つ一つ解決していくことが、重要なのだ。問題が生じていることを認めて、報告し、協力して解決していくことが仕事をこなしていくことなのだ。

不登校の子どもへの対応も多分同じなのだろう。まずは、報告してもらうことが重要というだと思う。子どもだから、自分に都合の悪いことはごまかしたり、言えなかったりすることも多いと思う。だからこそ、まずは「行きたくない」と言えたことをほめてあげるという対応をすることが良いということなのだと理解した。

仕事のコミュニケーションと同じことが重要

また、仕事でも常にゴール(アウトカム)を明確にして計画行動することが大切である。「行きたくない」というだけでは、ゴール(アウトカム)も全く漠然としている。それではダメである。別の記事では、【解決志向アプローチ】という技法を活用して、「学校へ行きたくない」という子どもの言葉からゴールを明確にしていくやり取りは、非常に興味深かった。現実に子どもとこんなふうにやり取りできるかどうかは心許ないが、トライしてみる価値はあると感じた。仕事でのコミュニケーションでも、これを応用して会話していくとモチベーションが高まり、成果につながっていくのではないかとさえ思う。

結局、不登校の子どもに対しても、仕事の人間関係でも同じなのだろう。こちらの思いや考えをただ押しつけるだけでは前に進むことはできない。コミュニケーションを深めていくことが重要なのだと改めて考えさせられた。

親がカウンセリングを受けることが良いのでは

上で書いたようなことは、今の自分は、自分で考えることができる。しかし、実際に「学校へ行かない」と言っている子どもが家にいたら、落ち着いて考えて、子どもに対応することができなくなることが容易に想像できる。カウンセリングだと、不登校の子どもと自分の関係について、少し距離を取って俯瞰的に見ることもできるのではないかと思う。

学校へ行けなくなった子どもがカウンセリングを受ければ良いと親は考えがちだが、カウンセリングにはなかなか行かないだろう。もし自分が子どもの時に学校へ行けなくなったと考えてみると、絶対にカウンセリングには行かないと思う。だからこそ、不登校の子どもをカウンセリングに行かせようとするのではなく、まずは親がカウンセリングを受けてみることが良いのではないかと思う。