運動

あなたのハゲ方は?ハゲ方チェックで最適な改善方をみつけよう。

私のサイトでもあなたの薄毛を改善できるもの、できないものがあります。

最後まで読んでいただくことにより、このサイトで解決できるかできなかがわかります。

ハゲ方をチェックすることにより、一番ベストな改善方法を導き出すことができます。

この、ハゲ方を一回チェックすることはかなり重要で自分に合った改善方法を実施していかなければ、いつまでたって発毛にはつながりません。

近年では、薄毛専門のクリニックも増えてきました。

とてもいい時代になりましたね(^^♪

医者に行けば、すぐにあなたがどのような症状でハゲているのかがわかります。

若ハゲ君
若ハゲ君
医者に行くのは、恥ずかしい
アオイ
アオイ
ですよね。私もでした。

実際医者には行くことはありませんでした。

それでも本を読んだり、ネットからかき集めた情報を実践し、自分で考えながら若ハゲを改善できました。

あなたは、私が一年間もの間、集めた若ハゲ改善セットをブログを読むだけで手に入れることができるんです!

一年間以上もの思いが詰まったブログです。

諦めずに継続して若ハゲを改善していきましょう。

AGAの代表的なハゲ方

AGAのハゲ方

 

AGAがわからないという方はこちらをご覧ください。

あなたはAGA(男性型脱毛症)についてどれくらい知っているでしょうか?こんにちは、若ハゲのミカタ「あおい」です。 今回は、AGA(男性型脱毛症)について解説していこうと思います。 AGA...

生え際からハゲる(M字ハゲ)

まずは、有名なハゲ方M字ハゲです。

ドラゴンボールのベジータの前髪を想像するとわかるでしょう。

もし、前髪をおろしてしまったらスッカスカですよね。

一般的な確認方法で、眉毛から生え際まで指が横に何本分入るかで、生え際の後退をチェックする方法があります。

人によりますが、指が4本ほど入る場合は注意が必要と言われているようです。

※AGAは薬を使うのが一番最適な改善方法ではあります。

しかし、薬を使うのが怖い方もいると思います。そんな時に役立つサプリメントがこれ↓

たったこれだけであなたは薄毛を改善!【sheeサプリメント】 「AGAだと思うのですが、薬を使うのは怖いです。クリニックにも行きたくありません。何かいい方法はありませんか?」「薄毛を何年も改...

つむじ周辺からハゲる

AGAのハゲ方のして、2つ目につむじ周辺からハゲるという症状があります。

自分ができるチェックとして、鏡かスマホで撮影するしかないですね。

一番は、晴れた日の外で撮影するのがいいと思います。

めちゃくちゃハゲて見えます。(禿げてたらね)

自分でハゲていると思ったら、それはもうハゲです。

つむじ周辺は、ハゲていることが確認しずらく治療を開始するのが遅くなりがちです。

私自身も、かなり進行していて冷や汗が止まりませんでした。

友達・親・先輩から「ハゲてないよー」としか言われないので、自分でハゲていると思ったらハゲていると思ったほうがいいと思います。

生え際・つむじ、両方から進行

次に、ハゲ方としてうえで紹介したハゲ方が両方とも当てハマるハゲ方です。

生え際とつむじは血管の量が少なく、髪の毛を生やすための栄養を送ることが難しい部分でもあります。

しかし、AGAの原因となる要素はしっかりと存在しています。

そのため、AGAの症状が現れやすい場所なんですね。

今紹介した、症状がAGAのハゲ方です。

現在、全国で1,260万人以上の方がこのAGAで悩んでいるそうです。

若ハゲ君
若ハゲ君
そんなにいるんだ!
アオイ
アオイ
そうなんです、あなたのミカタはたくさんいます!

AGAではないハゲ方

 

残念ながら私は、ここから下は私の専門外です。

いいサイトが見つかったらサイトを載せておきます。

脂漏性脱毛症

頭皮のベタつきや・フケの増加・抜け毛などの薄毛症状・頭皮のにおい・かゆみがある場合は、「脂漏性脱毛症」かもしれません。

頭皮に「脂漏性皮膚炎」が発症することで、脱毛症へと繋がると言われています。

皮脂の過剰分泌が原因で、「マラセチア菌」が多く繁殖し、フケや湿疹が起こります。

このように頭皮の環境が悪いと、毛穴に汚れ・油が詰まり薄毛につながってしまうんですね。

瘢痕性脱毛症

髪の毛を包む「毛包」が崩壊してしまった場合に起こる脱毛症です。

「毛包」とは、髪の毛を包んでいる皮膚であり、毛包がなくなってしまうと、髪の毛を生やすための器官も失われるので、髪の毛が生えてこなくなります。

こちらは、現在治療できる方法がなく下記の原因を作らない以外逃れる術はないようです。

火傷や怪我などが、毛包を消失させる主な原因です。

しかし、稀に原因が不明なまま、毛包が消失してしまうこともあるようです。

抜毛症

頭皮、髪の毛には何の問題もないのですが、ストレスや精神の異常で自分で髪の毛を抜いてしまう症状です。

こちらは、まず精神科に行くことをお勧めします。

円形脱毛症

こちらも、抜け毛症と同じようにストレスや精神の異常で髪の毛が抜ける症状です。

円形脱毛症の場合は、その名の通り円形に禿げるので直ぐに症状がわかると思います。

まとめ

あなたに当てはまるような症状はありましたでしょうか?

私のような症状であれば、このブログで解決できる部分はあります。

しかし、頭皮の病気を改善することは私は難しいです。病院へ行きましょう。

こちらに登録しましょう。

私が、若ハゲを改善して最終的に何が大事なのかをまとめてあります。

・有益な情報も配信予定

・あなたに必要不可欠な商品も配信していきます。

・若ハゲアドバイザーとしてしっかり新商品をチェックしていきます。

あなたのためにすべてを調べつくして最新の若ハゲ改善アドバイスをしてきます。

※プレゼントあり