若ハゲ改善

若ハゲは遺伝だけではない?それ以外の原因を追究しましょう

「若ハゲはハゲの遺伝子の影響が大きいから、改善をあきらめている」

このような考えを持っている若ハゲさんは現在でも多いようです。

しかし、若ハゲに限っては遺伝子のほかにも原因があります。

「友達の親・祖父は禿げているのに、友達はなぜハゲないのだろう」そんなことを思ったことはありませんか?

実は、若ハゲを改善する一番の近道は、日常生活を見直すことが非常に重要なのです。

 原因を追究する

まずは、遺伝ではないところに目を向けてみてください。

私が改善できたのは、この「遺伝」から目を背け改善方法を自分で考えたからです。

私の場合↓

  • 周りの人よりも食べる量が多い
  • 毎回大盛りを頼む
  • 油っぽいものが好き
  • 間食がおおい
  • 休日引きこもっていることが多かった
  • カーテンを開けずに、暗い部屋が好きだった

パッと自分の生活を振り返ったり、周りに人たちと自分を比べてみるだけでも、若ハゲになりそうな原因はすぐに出てきます。

ハゲる前の生活

ハゲるまえの生活を思い出してみてください。

生活が変わっていない場合

一人暮らしをしていなければ、そこまで生活は変わっていないと思います。

そしたら、なぜ若ハゲになったのか?

そもそも前から生活が乱れていたと考えたほうがよさそうですね。

20歳の血液検査20歳の血液検査

上記は20歳ごろのうつ病になった時に行った血液検査の結果です。

若いころであればこの数値でも対応ができていたのだと思われます。

しかし、成人する年齢になるにつれて体への影響が大きくなっていったと考えられます。

そして、蓄積された毒素が若ハゲを招く結果となってしまったんですね。

20歳に近づくにつれて周りの人よりもなんだか疲れやすい体質なのかな?

何ていうのも感じていました。

生活が変わった場合

一人暮らしを始めた人なら、生活スタイル・周りの環境がガラッと変わりますよね。

以前の生活を思い返してみてください。

環境の変化に伴いこんな感じで、あなた自身も変わっていったのではないですか?

  • 食生活
  • 朝の起きる時間
  • 夜の起きる時間
  • お風呂に入る・入らない
  • コミュニケーション不足
  • 引きこもりがち

私は、専門学生の時に一人暮らしを始めました。

それから徐々にハゲていっていたのだと思います。

就職活動をする頃、「なんだか髪があるとことないところがあるような」そんなことを思うようになりました。

鏡で確かめたところ、「え、こんなことになっているの」という最悪な状態に。

私自身の体験を踏まえて

年代別に私自身の体験を踏まえて、アドバイスしていこうと思います。

あなたの若ハゲ改善に少しでも参考になれば幸いです。

大学生・専門学生へ

朝、起きれなくてそのままお「休みします!」なんていうことが増えてはいませんか?

野菜は値段が高いから、おいしそうな弁当だけを食べていませんか?

お金がないから、「レトルト食品・うどん・冷凍食品」こんな生活はしていませんか?

なまけ癖がついてしまったために、『お風呂に入るのは今日はいいや!」なんていう人はいませんか?

これは、若ハゲになっていく最中の私の実体験のような話です。

情けないですが、お風呂に入るのがめんどくさい・外にでるのがめんどくさい・学校行くのがめんどくさい。

こんなことを思いながら専門学生時代は過ごしていました。

おかげでゲームばっかりやって、なんだかんだ楽で楽しい感じの生活はできたのですがね。

※上記の青枠を参考に自分の生活を思い出して、改善できるところはとことん改善しましょう。

新社会人のかたへ

社会人になって初めて一人暮らしを始めた!そんな方も増えてきたのではないでしょうか?

社会人になると、これまた大学・専門学生とは全く違う環境へ放り投げ慣れることになります。

環境の変化についていけない人ですと、ストレス・睡眠不足になりがちです。

そこに、食生活の乱れ・上司からの嫌味・残業

様々な体への負担が混ざってしまった場合どうでしょうか?

以前の私ならば、ハゲてうつ病になりそうです。

アオイ
アオイ
結局そうなったのですがね(´;ω;`)

この時に大切になってくるのが、これまた改善できるところはとことん改善していくことです。

  • 食事
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 自分自身を認めること

人間関係は、めんどくさい人は切ってしまっていいと思います。

この世界からしたらちっぽけなことです。それがズルズル引きずられるようなことがあれば、転職したほうがいいでしょう。

仕事内容もそうです、自分に合っていなければ数か月で転職しても構わないと思います。

第二新卒というものがありますから。

そして、「自分を認めること」自分は天才・できる!なんて思っている人はいませんか?

失敗したときに帰ってくる反動がでかすぎます。あまり自分を過大評価しないようにしましょう。

因みに私は、自分自身を過大評価してい結果うつ病になりました(笑)

※社会人なり大学生・専門学生よりお金に余裕が出てきたのではないでしょうか?

何かお金をかけて改善を試みるのも考えたほうがいいと思います。

(育毛剤は買わなくていいと思います。)

体の中から改善できるものを購入しましょう。

・薬

・サプリメント

今話題沸騰中のあの商品
全く薄毛を改善できないならおすすめ。一味違う栄養サプリメント【プロタガ】『プロタガ』という商品は今話題沸騰中の育毛・発毛商品です。 私がアドバイスしている若ハゲ・薄毛さんの中では、この商品を使い始めてか...

社会人数年目の方へ

ストレス・疲れそろそろ限界を超えそうな感じになってきてはいませんか?

まずは、周りのせいにするのではなく自分を疑ってみてください。

  • 食生活
  • 起床するタイミング
  • 相手に発する言葉
  • 勉強不足
  • コミュニケーション

元はといえば、自分のせい。

客観的に見た自分を考えてみてください。

どうですか?改善するところが見つかってきたのではないでしょうか?

若ハゲは改善できるハゲです。自分を見つめ直すことにより、間接的に改善する場所が見つかるはずです。

すべてハゲに影響していると思ってもいいと思います。

私は、追及した結果若ハゲを改善することができました。

※飲みすぎ、食べ過ぎにも原因はあります。

若ハゲを改善、プリン体・尿酸について正しく理解し若ハゲを改善しよう「プリン体」知っていますか? プリン体を排出するには プリン体による若ハゲの進行とは プリン体による合併症とは...

まとめ

今回は私の経験を踏まえて、若ハゲ改善に必要な知識を紹介しました。

遺伝だけではないことをまずは頭に入れ、改善できる個所をとことん改善していきましょう。

登録することでこのようなメリットが

私が、若ハゲを改善して最終的に何が大事なのかをまとめ情報をお送りいたします。

・line@、メルマガでたくさんの方とお話しする機会が増えました。その結果↓

(私と、実際に改善した方の情報を基にリアルをお届け出来るようになってきました。)

・あなたの代わりに薄毛改善の最新情報を調べつくして情報をお届け

・有益な情報も配信予定

・あなたに必要不可欠な商品も配信していきます。

・若ハゲアドバイザーとしてしっかり新商品をチェックしていきます。

あなたのためにすべてを調べつくして最新の若ハゲ改善アドバイスをしてきます。