病気

低血糖は若ハゲのリスク増大させる。理由と改善方法を紹介

低血糖

若ハゲを改善しているあなたは血糖値を気にするようになったのではないでしょうか?しかし、血糖値は低ければいいというものでもありません。

低血糖であれば若ハゲを逆に進行させる原因にもなってしまいます。

若ハゲ君
若ハゲ君
初めて知りました!何も知らずに血糖値抑制サプリメント飲んでました。
アオイ
アオイ

若ハゲを改善するどころか、命にもかかわることなので血糖値の情報を頭に叩き込んでおきましょう。

低血糖による若ハゲのリスク

まずは、低血糖による症状を見ていきましょう。

  • 冷や汗
  • ふらつき
  • 手の震え
  • 目のかすみ
  • 動悸
  • イライラ
  • 眠気
  • 空腹感

低血糖になるとこのような症状が起き始めます。

これは、体を動かすためのエネルギーが血液中からなくなっているため臓器が適切な動きをしなくなるためです。

あなたも体で実感している通り、髪の毛は体の中で後回しにされる重要とされていない部分に入ります。そのため体が危機感を感じた時は頭皮に栄養がいくよりも先に、ほかの臓器に栄養がいってしまいます。

薄毛を改善しようと逆に低血糖になりさらに進行する羽目になる人が多くいます。

低血糖にならないためには

そもそも、血糖値を気にしなくてもいい数値なのに血糖値抑制サプリメントを飲んでいる人はすぐに飲むのをやめましょう。

私は血糖値が高かったため血糖値抑制サプリメントを飲んでいました。低血糖値の人が飲んだら逆効果になります。

食事の間隔

上で説明したような低血糖の症状が出てしまった人は食事の間隔をずらさないことが重要です。

血糖値が下がるとインスリンの分泌量が減り、血糖値を上昇させるホルモンが分泌され血糖値を一定の値に保とうとする働きが体の中では起こっています。

しかし、食事の間隔をずらしたり・土日だけご飯を食べない生活をしていると糖分の補給ができずに急に血糖値が低下すし、調整できないという状況に陥ることがあります。

この時に起こるのが、動悸だったり冷や汗・頭痛です。

この記事を読んでいる人の中で、土日はご飯抜いているという方もいるのではないでしょうか?頭痛くなりませんか?

私は、ご飯を抜くと頭が痛くなります。

高い血糖値から急激に血糖値が下がっているためです。

これは、血糖値が高い人・健康な人だれにでも起こりえることです。

低血糖が起こりやすいタイミング

低血糖が起こりやすいタイミングは次のようになっています。

  • 食事時間のずれ
  • 激しい運動や長時間の運動
  • 飲酒
  • 入浴時
  • 絶食時

どれも、血管内の糖を消費する場面です。

低血糖が起こりやすいタイミングを頭に詰め込んでおけば、糖分を摂取することにより簡単に予防につながります。

 ブドウ糖を用意をしておく

低血糖気味の人が用意しておくといいのが、ブドウ糖です。

低血糖の症状が起きている場合は毎日適当な時間にブドウ糖を摂取しておくといいです。

もしも、めまいや動悸がかなりひどいようでしたらすぐにブドウ糖を食べるようにしましょう。

しかし、ブドウ糖と砂糖以外の糖分は体にすぐ吸収されないのでお勧めはできません。

まとめ

低血糖になることで、若ハゲの進行だけではなく。命にかかわる症状を起こり始めます。

今すぐ辞めれることはやめること、今すぐできることが今すぐ実践してみることで低血糖も若ハゲも改善していくことができます。

私が使っていたサプリメントをまとめてあるので健康が気になった人は是非見てみてください。

薄毛の人におすすめ!髪の毛を生やすために必要なサプリメント6選