意味が分かると怖い話

【完全オリジナル】意味が分かると怖い話:君の事を守るから

【完全オリジナル】意味が分かると怖い話:君の事を守るから

完全オリジナル「意味が分かると怖い話」。

暇つぶしにいってらっしゃい…

意味が分かると怖い話:君の事を守るから

彼女と連絡が取れなくなってしまった。
一体何があったのか。
昨日まで普通にやりとりしていたのに、LINEは未読のままで、電話にも出ない。
彼女の身に何かあったら大変だと思い、俺は一縷の希望を込めて彼女にLINEを送った。
もし、誘拐されていたり、倒れていたりしたら・・・?考えられない。考えたくない。
俺は必死の想いで彼女に呼び掛け続けた。

そういえば、何か変な男に付きまとわれていると言っていたし、警察にも相談すると言っていた。そんな男に襲われでもしたら大変だ。
俺の事を頼ってくれれば良いのに、彼女なんでもかんでも一人で抱え込むんだ。

彼女は人が良いから、きっとモテるに違いない。
俺という男がいながら、他の男が言い寄っているのも見たことがあるし、親しげにしている男を目撃した事もあるが、それは彼女が望んでいるわけではないと、俺は知っている。
彼女の事を守る事ができるのは俺だけなんだ。

俺は気が気じゃなくなり、彼女の家に向かう事にした。

「大丈夫か?」

未読のまま。

「今お前の家に向かっているから」

未読のまま。

「まさか、変な男に押し入られたりしていないよな?」

未読のまま。

電話をかけてみたが、やはり出ない。
何度かけても一向に出ない。

何か異常事態が起きているに違いない。
一刻を争うと判断した俺は、車を飛ばして彼女の家に到着した。

そして俺は思い切り彼女の家のドアをこじ開けた。
中に入って見渡すと、誰もいなかった。

彼女は一体どこにいるのだろうか。
俺は、再びLINEを見てみたが、相変わらずメッセージは未読のままだ。

どこへ行けば良いのか、何をすれば良いのか、途方に暮れていた俺の耳元に、何やら人のざわめきが聞こえた。
声がした方を見ると、そこには警察と思しき人物が複数いた。

俺は全速力でその場から離れた。


彼はなぜ、警察の姿を見て全速力で彼女の家から離れたのだろうだろうか。
答えは簡単。彼こそがストーカー男だったからだ。
自分は彼氏だと思い込んでいたようだが、合鍵を持たず、チャイムも押さずにドアをこじあける行動もおかしいし、警察から逃げている事で自分がストーカーだと自覚しているようだ。
それでも盲目的に彼女を追い続ける男。
彼女はおそらくLINEはブロックし、身の危険を感じて警察に相談したのだろう。
家にいなかったのは、家からどこかへ逃げていたか、たまたま居なかっただけか、彼女の無事と男が捕まる事を祈るしかない・・・