薄毛にまつわる噂・豆知識

育毛に薬を使う?使わない?どっちがいいのか

こんにちは。薄毛のミカタ「あおい」です。

 

今回は、若ハゲを改善して私が思った薄毛を治す薬を使うか・使わないか、について考えていきたいと思います。

 

実際あなたはどのように思っているでしょうか?

  • 副作用が怖いですか?
  • 飲み続けるリスクが怖いですか?
  • 薬にお金を使うのがもったいないと思っていますか?

 

それとも、薬はどんどん使っていきたいと思っていますでしょうか?

  • 副作用なんかよりもツルツルになってしまう方が怖い!
  • 飲み続けるリスクなんてハゲに比べたらマシ!

 

どちらかというと、私はこちら側です。

 

副作用は最初の段階ででていなければ、ほとんど出ることはないですし。

薄毛を改善した後は、食の改善や生活リズムなどで薬の量は減らしていくことは可能です。

お金の面でも、副作用の面でもハゲるよりも何倍もマシだと思います。

 

考えてみてください、薬を使わずにハゲが進行し彼女もできず人生を潰されてしまう未来を。

※悲しい現実ですがアンケート結果でハゲは最初の雰囲気では彼氏にできないという結果も出ています

結論どちらがいいの?

 

どちらがいいの?どちらがいいの?

私が紹介しているサプリメントで、効果が出なかった場合薬を使いましょう。

 

私が、紹介している薄毛改善法を試していただいている方であれば、3か月で明らかに違う産毛の生え方になるはずです。

薬も自分の体質に合う合わないがあるので、一か月で効果が出ていないようであれば、違う薬に移しましょう。

 

私の場合、初期脱毛がなかった薬は効果がありませんでした。

初期脱毛が薬が効いている証拠としてしまうのはよくないので、一か月目の産毛の状態によって今使っている薬の継続を考えたほうがよさそうです。

薬だけで薄毛は治るの?

無理だと思います。

 

私が知っている薬の効果で消せるのは、AGAの原因5aリダクターゼを抑制する働きのある薬と血圧を制御して発毛を促進させる薬です。

薄毛の原因がAGAだけであれば、改善すると思います。

 

しかし、普段の食生活や血行不良を起こす行動などで薬の効果も軽減+ストレスや髪を生やす栄養がなければ、そもそも生えてきません。

薬さえあれば治るという考えはしないようにしましょう。

まとめ

薬を使うだけで改善できると思って、てっとり早い薬だけの効果を頼るのはよくありません。

3~4か月後には改善されているかもしれませんが、薬の効果は普段の生活でどんどん軽減されていきます。

 

ステップ①

普段の食生活を見直そう!

 

ステップ②

薬・AGA抑制サプリメントを補助的な感覚で使用してみよう

 

まずは、ストレスなく薬以外の方法を維持できるようにしていきましょう。

ABOUT ME
アオイ
名はアオイと申す。若ハゲからのうつ病をこじらせ、青春時代を髪の毛にささげた20代男性。若ハゲ改善するつもりはなかったが、青春時代どころか人生を髪に奪われてしまうと思い、立ち上がった!改善に専念すること「1年と半年」なかなか辛い時間だったがどうにか改善。若ハゲ諸君私の言葉をすべて聞くのだ!私と同じ道はたどるべからずっ。若ハゲを愛し若ハゲに愛される若ハゲの達人。