話題沸騰情報

お礼を伝えたい!ハーバード大教授が片腕のJR職員さんを探して14年ぶりに来日

お礼を伝えたい!ハーバード大教授が片腕のJR職員さんを探して14年ぶりに来日

アメリカ・ハーバード大学で教鞭をとる経済学者のジャッド・クレイマーさんは、14年前の2005年に旅行先の宮城県・仙台市で大きな地震に遭遇して横浜に戻れなくなった時のエピソードが話題になっています。

その時に宿泊費を払って彼をホステルに泊め、帰りの新幹線に乗せてくれたJR職員がいたとのことです。

クレイマーさんは当時は日本語がわからなかったそうで見ず知らずの外国人の旅費を肩代わりしてあげる行動がすごいですね。

お礼を伝えられなかったクレイマーさんは会って感謝を伝えたいと、その時の恩人を探しているとのことです。

助けてくれたJR職員は30代くらいの若い男性で、片腕だったそうです。

今回はジャッド・クレイマーさんと片腕のJR職員についてまとめていきます。

14年前の恩人

2005年8月、クレイマーさんはニュージャージー州の公立高校在学中に出会った二人の日本人クラスメートを訪ねて大学入学を前に、日本を訪れてみたい気持ちが強かったため はるばる来日したそうです。

友人は受験勉強で忙しかったため、クレイマーさんはJRレールパス(海外からの観光客用の、割引乗車券)を使って日本各地を一人で旅したとのことです。

2005年8月16日は、友人宅のある横浜から日帰りで宮城県・松島に向かっている途中に仙台駅で乗り換えをした直後 最大震度6弱の地震が起きたそうです。

アメリカからやってきたクレイマーさんは地震を初めて経験したそうで当時のクレイマーさんの不安や恐怖を想像するのはそう難しくないですね。

「日本語がわからない状況で、周りに英語を話す人もいなくて、何が起きたかわかりませんでした。混乱して怖かったです」とクレイマーさんは振り返りました。

誰だって急に地震がきたらパニックになってもおかしくないですね。

クレイマーさんが持っていたレールパスは、その日が有効期限最終日で翌日になれば、新幹線に乗れなくなってしまい日帰りの予定だったので現金をほとんど持っておらず、外国のクレジットカードを受け付けてくれる場所もほとんどなかったそうです。

この状況はまさに絶望の瞬間ですね。

クレイマーさんは仙台駅の駅員に「今日中に帰らなければいけない」と必死に説明し その中の一人が、片腕の男性職員だったそうで「彼も英語を話さなかったのですが、私が絶望的な状況にいると理解してくれたようでした」とクレイマーさんは語っていました。

彼を近くのホステルに連れて行き、部屋代を払ってくれ翌日仙台駅に戻ると片腕の職員が出てきて、クレイマーさんに新しい新幹線のチケットをくれたそうです。

言葉が通じない相手を助けるJR職員さんには脱帽ですね。

18歳の時に助けてくれたJR職員にきちんとお礼を言えなかったことは、今でもクレイマーさんにとって心残りになっているそうで「あの頃は、日本語でどうやって感謝を表したらいいのか、わかりませんでした。日本語を勉強した今なら、日本のやり方でお礼が言えます。でもあの時は、きちんとお礼を伝えられないまま横浜に帰ってしまいました」

「もし会えたら、お礼をして、あの時にどれだけ助けられたかを伝えたい。そして、日本の人たちにとても親切にしてもらったことがきっかけで日本語を学ぶようになったことや、経済学者として日本発のビジネスに参画していることをご報告できたら嬉しいです」と想いを打ち明けたそうです。

いまだクレイマーさんと片腕のJR職員さんは再会がかなっていないようでこの経験を多くの人に知ってもらうことでJR職員さんを見つける手がかりにつながるのではないか、とクレイマーさんは願っているとのことです。

二人が再開できる日が来るといいですね。

ネットの反応

ツイッターではさまざまな声が上がっていました。

全文読んだけど、、このクレイマーさんすごい人だった……
jr職員さんに助けてもらってから日本語を勉強して大学院中にホワイトハウスで働いて(ここら辺でもう並みの人間じゃない)しかも今はハーバード大学で講師をしていて(やはり並みの人間じゃない)
片腕の職員さん…無事にお会いできるだろうか…

 

クレイマーさんの恩人、見つかりますように。

 

RTs はじめの一行でちょっと物騒な話かとどきどきしたらいい話だった。ぜひ見つかって欲しい…でもクレイマーさんが探してるって書き出しはどうよ?

クレイマーさんの話に感動している声が多数見られました。

まとめ

  • アメリカ・ハーバード大学で教鞭をとる経済学者のジャッド・クレイマーさんは、14年前の2005年に旅行先の宮城県・仙台市で大きな地震に遭遇。
  • レールパスはその日が有効期限最終日で日帰りの予定だったので現金をほとんど持っておらず、外国のクレジットカードを受け付けてくれる場所もなく帰れない状況に。
  • 片腕の当時30代のJR職員が宿泊費を払って彼をホステルに泊め、帰りの新幹線に乗せ助けてくれた。
  • クレイマーさんはそのJR職員にお礼を言うために今も探している。

とても心温まる話でしたね。

クレイマーさんは7月9日、14年振りに仙台駅に降り立ったそうで 駅長や職員たちに話を聞いたが、残念ながら片腕のJR職員のことを知る人はいなかったそうでクレイマーさんと片腕のJR職員さんが無事に再会できるといいですね

最後までお読みいただきありがとうございました。