アフィリ・SEO

個性的なオリジナルコンテンツを作るために。誰にでも出来る6+αを教えます

個性的なオリジナルコンテンツを作るために。誰にでも出来る6+αを教えます

「ブログを始めてみた。なんだかいろいろ調べているとブログはオリジナリティを出さなければGoogleから嫌われてしまうようだ」

このような情報をみつけたけど、どんな感じ記事を書いていけばオリジナリティが出るのかわからない。

そんな人向けの記事です。

こんにちは、若ハゲ改善をあきらめていたころからブログというものを始めて早数年。

アフィリエイトやブログでいい感じに稼いでいる「アオイ」というものです。

早速SEOで重要なオリジナル記事の書き方を見ていきましょう。

オリジナリティは大事

オリジナリティは大事

まず初めに知っていただきたいこと。

オリジナリティは大事ということです。

オリジナリティ・個性が出ている記事を書くことにより、検索上位に出やすくなる・ユーザーから信頼を獲得しやすいなどのメリットがあります。

アオイ
アオイ
今のSEOはオリジナル記事を書くことができれば、検索上位も目の前です。10位以内を奪い取ったも同然!

p;

今の時代だからこそ重要性が高くなっている

あなたのようにブログを始めた人がたくさん出てきています。

結果的に同じ内容の記事がたくさん出回ってしまうんですね。

記事の内容がかぶってしまっていたり、文章がかぶっていると検索上位に表示されにくいのはブログを数か月やってみると分かります。

今、ブログをたくさんの人が始めているからこそ「オリジナリティ」「個性」がある記事を書くことが重要なんですね。

アオイ
アオイ
ニュースでも年金の話がでてきています。ブログを始めてみようと思う人も増えてきていますが、ブログを始めたというのは間違いではないと私は思います。継続すればいつか報われるはず!

オリジナリティ溢れる記事の書き方

オリジナリティ溢れる記事の書き方

これは私が数年SEOを主として記事を書き続け、「オリジナリティはこう出せばいい!」と自分なりに研究した結果です。

あくまで私なりの答えですので、自分でもオリジナルの記事の書き方を見つけてみましょう。

では、どうぞ!!

書き言葉だけではなく、話し言葉も入れてみる

アフィリエイト、ブログでは書き言葉というちょっと堅苦しい感じで書くのが普通ですよね。

そこをあえて話し言葉に変えてみることが私なりの1つ目のオリジナル感の出し方です。

話し言葉 書き言葉
です/ます だ/である
どっち どちら
ちゃんと きちんと
でも/だけど だが/しかし/けれども
やっぱり やはり
とっても/すごく 非常に/きわめて
~じゃない ~ではない

上記の言葉から少し離れてみるのも大事!

オリジナル感を出そうとすると、お子ちゃま感がでてしまったりするのもデメリットでありメリットでもありますね。

[st-kaiwa1]商品を売る記事の場合、書き言葉限定で記事を書いた方が良かったりする場合もあるので、そこは気を付けましょう。またその逆もしかり。[/st-kaiwa1]

自分自身の体験や経験をもとに

自分自身の経験や体験を記事に入れるとめちゃくちゃオリジナル感がでます。

私が思う最大のオリジナル感の出し方ではないでしょうか?

例えば、私がなぜこのようなオリジナル記事の書き方をアドバイスできるのか?

それは経験があってこそですね。

そこで今回は、私の経験というものを例にして簡単な文章を書いてみます。

【例】

私は、今までに1000近くの記事を書いてきました。

この1000という数字に見合うだけの成果は出ているはずです。

その中で見つけた1つのSEO対策として、オリジナル感を出した記事というのは検索上位に表示されやすい傾向があります。

私の経験により、オリジナル感を出した記事の書き方というものを紹介することができます。

 

これが経験により書くことができる文章ですね。

実際私が経験してきたことです。

アフィリエイトをやる場合は、その商品を実際にセルフバックなどを利用して購入すると購入しないと見えてこないものが見えてきますよ!

方言やなまりを入れる

これは書き言葉、話し言葉と似ていますね。

自分独特の話し方をそのまま文章にしてみるというのも私はグッジョブだと思います。

方言やなまりを入れてみるのもいいと思います。

しかし、方言やなまりを入れすぎてその地方の人々にしかわからないような文章になっては意味がありません。

なまりや方言を入れるときは合間合間に入れるようにしましょう。

【Twitter運用】

少しだけTwitter運用についてもお話ししますね。

Twitter運用でもなまりや方言を入れることにより自分のキャラクターというものを作れるのでいいですね!

語尾に何かしらつけるのもOKです。

例えば、ニャーとかね! 

人間を想像する(ターゲットを決める)

ブログやアフィリエイトの記事をしているときにだれに向けて書くのか?というところを意識すると記事はめちゃくちゃ書きやすくなります。

そして、ターゲットを絞ることによりあなた独自の記事が出来上がるのです。

  • 性別
  • 年齢
  • 身長
  • 何が得意
  • 好きな勉強は

このほかにもたくさんの項目を作ると誰に向けているのかわかりやすい記事になるのでとてもいい記事に仕上がります。

しかし、やってはいけないことがあります。

これはあくまで設定上のお話。

すべてこれに合うように記事を書いてはいけません

若干想像しながら書くのはいいのですが、すべてこの項目通りの人に向けて記事を書いてしまうとターゲットが絞られすぎてしまうんですね。

もしも、設定した人物像が20歳であった場合。

40歳ぐらいの人が記事を見た場合はすぐに、あなたのサイトから離れていってしまいます。

読みずらい、私に合った答えがないと思ってしまうんですね。

めんどくさいことをやる

だれもがめんどくさがるようなことをやる。

これはかなりGoogleからの評価が上がりますね。

例えば、アニメおすすめという記事を書くとします。

大体の記事は数個紹介して終わりですが、そこを頑張ってなん十個も紹介してみる。

これだけでかなり評価が変わってきます。

紹介している間にあなたの感性や個性的な表現が出てきてオリジナル感も出てきます。

感想や思っていることを他の記事とマルパクリにしても絶対にいい評価を受けることはないので注意しましょう。

見出しの書き方、付け方を参考にするのはOKです!

体験した人に聞いてみる

文章を人が体験したように書くことができる人は天才ですが、大体の人は難しいですよね。

私もアフィリエイトをするうえで、自分が持っていない商品やサービスを売るのは厳しいところがあります。

周りの人に体験談を聞いてみたり、商品の感想を聞いてそのまま記事にするだけでいいので初心者におすすめです。

あまりやってほしくはありませんが、慣れてきたら自分で考えて商品を売れるようになってしまいますね。

あまりというよりやってほしくないですね。

実際に自分が体験したこと、周りの人に聞いた本当の事実を記事にしていきましょう。

ここ大切ですよ!!!

あまり意味がないオリジナルの出し方

あまり意味がないオリジナルの出し方

画像でオリジナル感を出すことです。

ラクをしようとして、文章は他のサイトと同じような内容にして画像だけオリジナル感を出そうとする人がいますが、これはほとんど意味がありません。

画像はサイトに来てくれたお客さんの滞在時間と関係があるだけで、Googleとブログの画像の関係性はそこまでないと私は思っています。

やっぱり文章が大切。

まとめ

上記の説明を参考にしつつ、サイトに来てくれたお客さんが楽しめる・納得できる・参考になるサイトを作っていくことを心がけましょう。

これだけであなたのサイトは数倍輝くことができます。