アニメ系

BLと一味違うゲイカップルのリアルを描いた、漫画『弟の夫』感想ネタバレ

BLと一味違うゲイカップルのリアルを描いた、漫画『弟の夫』感想ネタバレ

漫画のジャンルとして「BL(ボーイズラブ)」が定着した日本では、恋愛の新しい形が描かれたシリアスな漫画も多く発表されるようになりました。

その中の一つが、月刊アクションで連載されていた『弟の夫』です。

NHKでBSドラマにもなった有名な作品で、作者の田亀源五郎さん自身もゲイであったことから、衝撃的な漫画として注目を浴びました。

しかし、漫画の中で描かれているのは、人が人を好きになるという「誰にでもありえること」であり、その嗜好がたまたま人と違うだけ、という視点で分かりやすく物語が進んでいきます。

今回は、そんな漫画『弟の夫』について、感想・ネタバレをご紹介します。

『弟の夫』の登場人物

弟の夫

 

まずは、主軸となる登場人物を紹介していきましょう。

主役級の人物は他にもいるのですが、ここでは物語を構成する主要な3名を紹介します。

○折口弥一(おりぐちやいち)

この物語の主人公で、離婚した後、男手一つで一人娘を育てるシングルファーザー。

高校時代に両親を亡くし、弟の涼二(りょうじ)はカナダで亡くなった。

両親を亡くした直後、涼二からゲイだとカミングアウトされるも、弟のことを理解しようとも事実に向き合おうともしないままだった。

その後、涼二のパートナーであるマイクと出会い、ともに暮らす中で自らの偏見に気づき、やがてマイクを「自らの弟の夫」と認める。

 

○マイク・フラナガン

涼二の夫でカナダ人。

涼二が亡くなったことをきっかけに、彼が望んでいた「自分の家族としてマイクを兄(弥一)に紹介する」という目的を果たすため、自ら弥一の家にやって来た。

コミュニケーション能力にたけており、弥一の娘である夏菜(かな)とも仲が良い。

もともと身体は大きいが、筋トレを習慣にしているため筋骨隆々である。

牛丼が好き。

 

○折口夏菜(おりぐちかな)

弥一の娘であり、明るくて素直な小学3年生。

大人がいつの間にか身に着けている常識がまだないため、マイクとも打ち解けられる。

同性同士の結婚を理解できる柔軟性を持ちつつも、離婚し別居する母親のことを寂しく思う気持ちにふたをして、父親である弥一に隠す奥ゆかしい一面がある。

マイクの存在が視野を広げるきっかけになった。

 

『弟の夫』の感想・ネタバレ

弟の夫は、ゲイカップルの話が根幹にあることから、いわゆる「LGBT」のデリケートゾーンをなぞるお話です。

しかし、激しい展開が待っているわけでも、ドロドロとした展開で話が進むわけでもなく、ゲイがゲイとして生きること、ゲイに関わる一般人の現実を、時にコミカルに淡々と描写しています。

1巻で、主人公である弥一はマイクと玄関で出会い、マイクは弥一に抱き着きます。

その瞬間「放せホモ!」という、ゲイに対する蔑称を内心ぶつけます。

これはおそらく、弥一自身がゲイに対して警戒心を抱いていることのあらわれです。

ところが、夏菜とフラットにコミュニケーションをとる様子を見たり、弥一自身が風呂場で考えを巡らせたりする中で、弥一は自分が「悪い人間でなくても同性愛者というだけで無意識に避けている」ことに気づきます。

その後、実は身近にいた同性愛者、それを理解する子どもたち、ゲイである事実を「それだけでよくないもの」として捉える大人たちの考え方に触れ、弥一は最終的に「マイクは自分自身の家族である」という結論に達します。

マイクが帰国するとき、弥一はマイクにハグを求め、マイクは喜んでそれに応じます。

葛藤を超え、弥一はマイクを家族として受け入れることができたのです。

人が人を好きになること

弟の夫は、深刻に考えればLGBTに訪れる現実の一部を描写した漫画ですが、単純に考えれば「人が人を好きになることの普遍性」を描いたものと考えられます。

弥一はおそらく日本人の大多数が持つ考え方をしていて、マイクという異質な存在を目の当たりにして、意味も分からず(あるいは意味が分からないからこそ)当惑しています。

しかし、娘の夏菜はあくまでも子どもの感性のまま、偏見のないままにマイクを受け入れます。

そこには、性的嗜好・マジョリティとマイノリティなど、立場を明確に分ける線引きはありません。

筆者は漫画を読んで、大人になる中で培われた差別意識というのは、よくよく考えると見知らぬものに対する恐怖心でしかなく、極端な話、パチンコに全く行かない人が「パチンコに行く人間は金銭感覚がおかしい」と頭ごなしに考えているのと同じなんだろうな、という印象を持ちました。

もちろん、これは筆者の考えであり、いろいろな考え方があると思います。

この漫画を読む本当の意味は、マイクがゲイであることを読者が受け入れることではなく、自分が無意識のうちに「何かを差別しているのかもしれない」と感じる点にあるのだろうと筆者は思います。

読み終えた後はきっと誰もが、「誰が誰を好きになろうと、それはその人の自由」という真理に、あらためて気づけるはずです。

『弟の夫』を無料で読む方法

『弟の夫』を無料で読む方法

「弟の夫」1巻はAmazonが出している、Kindle Unlimitedに無料で登録することで読むことができます。

※注意

初回30日間のみ無料です。30日を過ぎると月額980円が発生してしまうので、あまりメリットを感じられない場合は30日以内に解約をしましょう。

30日以内に解約すれば、料金は一切かかりませんので安心してください!