病気

プラークとは?原因、予防を解説。若ハゲのあなたは特に注意が必要

プラークとは

若ハゲの人は心臓病のリスクを通常の5倍以上持っています。

そんなあなたが、少しでも心臓病のリスクを減らすために原因の一つである「プラーク」について知っていただこうと思います。

今回はそんなプラークについてのお話です。

 プラークとは

LDL(悪玉)コレステロールは数が増えると酸化しやすく、血管の壁に脂質として大量にたまります。たまった脂質は、マクロファージという細胞がコレステロールを貧食して処理し、隆起した塊になったものです。これをプラークといいます。

プラークができる原因

  1. 高血圧
  2. 高コレステロール
  3. 糖尿病
  4. 肥満
  5. 生活習慣病
  6. 運動不足
  7. 脂肪の多い食事
  8. 喫煙
  9. ストレス

このような乱れた生活をしていると、プラークができてしまいます。

プラークができるような生活をしていると、糖尿病・若ハゲ・白髪になる人がいます。

様々な病気の合併症も起こり始めるでしょう。

※今気にしているつむじハゲもAGAではなく、乱れた生活の可能性があります。薬で改善しない、「私はモーダメなのかも」そんな考えのお持ちの方は、乱れた生活が原因の可能性が大なのでつむじハゲを改善したい場合は、乱れた生活を改善しましょう。

 プラーク予防

若ハゲを改善し、プラークができない体にするには次のことが重要です。

  1. 血管に刺激を与える、1日1万歩
  2. 血圧を上げない
  3. 血の塊にくい食事(低脂肪&減糖質食)
  4. 喫煙、節酒

1、血圧に刺激を与える

血管に刺激を与える運動として、歩くだけでも全然大丈夫です。

一日1万歩を目指してあるきましょう。

大体30分から40分歩くと1万歩ぐらいになります。

ストレスの発散にもつながるので、忙しい人でも週3回は行いたいですね。

2、血圧を上げない

血圧を上げないためには、まずは塩分の取りすぎに注意すること。

調理の時の塩加減に注意するだけではなく、加工品に含まれているナトリウムの量を必ずチェックしましょう。

1日の塩分摂取の理想は6グラム以下です。

3、血の塊にくい食事

血の塊にくい食べ物は次のようなものです。

  • 野菜
  • 魚介類
  • 海藻類
  • 大豆

ほかにも栄養素として、食物繊維・ミネラル・ビタミンなどの栄養素を十分にとっておきましょう。

この栄養素には、血液中のコレステロール、中性脂肪を減少させる効果があります。

プラークの予防だけではなく、しっかりと髪にいい食べ物でもあるので積極的に摂っておきたい食べ物です。

4、喫煙・節酒

タバコを止めることにより血管内被細胞が元気になり、HDL(善玉)コレステロール値が改善方向へと向かいます。

そのため、動脈硬化の進行や血栓ができてしまうのを抑えることができるのです。

また、大量のお酒を飲むことにより血圧が上昇し、中性脂肪を増やして動脈硬化を悪化、進行させます。

これを機にタバコ・お酒をやめてみるのもいいかもしれません。

しかし、お酒の場合上手く付き合うことによりメリットも少なからずあるので、お酒が飲みたくて仕方がない人は、上手にお酒を飲むようにしましょう。

まとめ:プラーク予防は若ハゲ改善にもつながる

今回紹介したプラーク予防は習慣化してしまえば辛くない予防策です。

若ハゲ改善にもほぼ直接的につながる部分があるので、プラーク予防はやっといて損はないと思います。

私も、週三回の有酸素運動・食べ物には気を使っています。

登録することで若ハゲ改善につながる

・あなたの知らない情報を流します

・私が使ったことのある商品ならば、感想を伝えることも

・私と、実際に改善した方の情報を基にリアルをお届けします。

・あなたの代わりに若ハゲ改善の最新情報を調べつくして情報をお届け

・あなたに必要不可欠な商品も配信していきます。

・若ハゲアドバイザーとしてしっかり新商品をチェックしていきます。

あなたのためにすべてを調べつくして最新の若ハゲ改善アドバイスをしてきます。