若ハゲ改善

若ハゲの原因は姿勢にあり! 姿勢を改善して発毛促進

姿勢を改善し若ハゲを改善

若ハゲの皆さん

 

姿勢を気にされたことはありますか?

若ハゲ君
若ハゲ君
んー腰が痛いと正すくらいかな?
アオイ
アオイ
そうですよね。大体の人は普段の姿勢から気にされることは少ないですよね

でも、それでは若ハゲ改善から遠ざかってしまうんですね。

今回はそんな姿勢についてのお話です。

最後まで見て、姿勢マスターになっちゃいましょう!

姿勢が悪いとなぜハゲるのか

猫背や巻き肩など、姿勢が悪くなるとほとんどの人は頭が前に下がり、首に負担を与えています。

首に負担が蓄積され正しい姿勢を保つことが出来なくなると、ストレートネックなどを引き起こします。

ストレートネックは肩こりや首コリだけではなく血流にも影響します。

血流が悪くなると頭皮や髪の毛に上手く栄養を運ぶことができなくなり、結果髪の毛が細く弱いものへと変化していくのです。

とくに、頭は大切な脳などにしっかりと酸素と血液を送らなければなりません。

こんな些細なことですが、脳に酸素・血液がいかなくなり体の自由が利かなくなることさえあり得ます。

そして、姿勢が悪くなると頭皮まで充分な栄養を送ることができず、うるおいのない毛になり、抜け毛が増えて薄毛を引き起こすのです。

姿勢の改善方法

・猫背矯正アイテムを使用する

・整体を利用してメンテナンスをする

・適度な運動で筋力をつける

・姿勢に気をつける

姿勢はある日突然悪くなるわけでも、良くなるわけでもありません。

毎日の積み重ねが少しずつ影響します。

そこで姿勢を改善するためには猫背矯正アイテムなどの姿勢改善グッズや、体の歪みを定期的にメンテナンスすることで正しい姿勢を手に入れることに繋がります。

また、適度に運動して体幹を鍛えることで、自然と身体が伸びて姿勢を正しく保つことが出来るようになるでしょう。

普段から意識しておくことで、猫背でいる時間を少しづつ減らすことが大切です。

正しい姿勢の作り方

正しい姿勢を作るには4つのポイントが重要です。

  1. お腹を引っ込める
  2. 肩の力を抜く
  3. 重心はかかとと親指の付け根へ
  4. お尻を引き締める

お腹の力が抜け、だらしなく脱力していると腰が曲がり姿勢を悪くします。

息を吐いて引っ込める必要はありませんが、ややお腹の筋肉を意識して、背骨をたてるイメージを持つと背筋が伸びます。

肩は前から後ろへぐるりと回してストンと力を抜きます。

肩甲骨と肩甲骨の間が狭まるイメージです。

腕が体の側面に来ている状態が正しい位置と覚えておきましょう。

重心がかかとだけや、前側だけに偏ってしまうとバランスを崩してしまう原因になります。

かかとと親指の付け根にしっかりと重心を置いて立つ意識をしましょう。

最後に、お尻で紙をはさむことをイメージしながらキュッと引き締めると腰が立ち綺麗な姿勢を保つことができます。

通勤電車や信号待ちなどの少しの間でも、立ち方を意識すると姿勢の改善に繋がります。

姿勢を改善して頭皮まで栄養を届けて強い髪の毛を育てましょう。

まとめ

どうですか?

姿勢マスターに一歩近づいたでしょうか?

若ハゲ改善への近道はありません。普段の生活の些細なところまでを見直していきましょう。

それをアドバイスしていくのがこのブログです。

アドバイスを聞いただけでは改善へつながりません。

実践できるものについては明日からでも今日からでも実践していきましょう。