食べ物

ハゲているあなたの水分摂取量は成人男性並みですか?

今回は若ハゲ改善をするに伴って改善しなければいけない、水分補給の問題について解説していきます。

 

若ハゲとうつ病、引きこもりを改善した「アオイ」です。

あなたは水分を一日どれくらい飲んでいますか?

  1. 朝起きてから
  2. 仕事中に500mlのペットボトル1本
  3. 昼にすこし
  4. 夕ご飯のとき

 

20代になり仕事をしている人も増えてきたと思います。

仕事をしているとつい忘れがちなのが水分補給です。

今紹介した例ですが、ハッキリ言うとそれでは、とても少なすぎます。

20代の成人した身体にはとても足りません。その生活を送っている場合、いつまでたっても若ハゲから脱出することはできないと思います。

 

周りの人を見てみてください、水分補給量が少ない人にハゲが多いと思いませんか?

そうなんです、水分摂取はハゲや若ハゲを改善するために必要な改善点なんです。

一日に必要な水分量

20代の成人した若者が一日に必要な水分量を知っているでしょうか?

欧米の研究の成果によると水の必要量の目安は生活活動レベルが低い集団で 1日2.3リットルから2.5 リットル程度で、生活活動レベルが高い集団で1日3.3リットルから3.5 リットル程度とされています。

 

若ハゲ君
若ハゲ君
かなりの量だなぁ

 

アオイ
アオイ
確かに、かなり多いですよね。

 

普段の食事からも水分は摂取できるので2リットルは、飲み物からとっておきたい量です。

水分が髪の毛に与える影響

上記で説明した通り、一日に必要な水分量はかなりの量です。

 

日本で一日に必要な水分量をとれている人はかなり少ないようで、これが20代という若すぎるハゲや脳卒中など様々な病気などの原因になっているともいわれています。

今回は、そんな原因の一つのハゲについてです。

水分不足で薄毛になる原因

人間の体は、成人の体の5560を占めています。

そんな人間の体を維持するために存在しているような水分が体から少なくなってしまうと。

  • 物質の溶解ができなくなる
  • 栄養素の運搬ができなくなる
  • 体温調節ができなくなる
  • 血液がドロドロになる
  • 食べる量が増える

水分摂取だけでこれだけの症状が出てしまうんですね。

 

そして、どれも薄毛につながる原因です。

水分一つで悪循環

栄養素の運搬ができなければ、サプリメントの意味もなくなり。

血液がドロドロであれば栄養素が頭皮に運ばれるにくくなり。

食べる量が増えればコレステロール・血圧の上昇につながり。

体温調整・物質の溶解ができなくなれば、代謝が悪くなり髪の毛が生えにくい状態になります。

私が思うに、水分を普段からとることは薄毛を改善する手段として最も簡単なことだと思います。

今からしっかりと水分を補給するようにしましょう!

まとめ

水分補給だけで、若ハゲを改善できる可能性がわかったと思います。

今からでも改善できる簡単な、薄毛改善方法なので改善したい方は水分をしっかりととりましょう。

しかし、最初はのどがかなり乾かないと水分補給を忘れてしまうことって結構あるんですよね。

そんな時は!

ステップ①

毎朝2リットルの水を買いに行こう(夜買っておくのもOK)

ステップ②

「え、重そう」…運動にもなります。

ステップ③

1日で飲み干すようにしましょう!

 

私はこれで水分補給の悩みを解決しました。

なんか仕事場に2リットルの水を持っていくのは気が引けると思っている方!

ハゲてるほうが辛いですよ。

ABOUT ME
アオイ
名はアオイと申す。若ハゲからのうつ病をこじらせ、青春時代を髪の毛にささげた20代男性。若ハゲ改善するつもりはなかったが、青春時代どころか人生を髪に奪われてしまうと思い、立ち上がった!改善に専念すること「1年と半年」なかなか辛い時間だったがどうにか改善。若ハゲ諸君私の言葉をすべて聞くのだ!私と同じ道はたどるべからずっ。若ハゲを愛し若ハゲに愛される若ハゲの達人。