あなたはAGA(男性型脱毛症)についてどれくらい知っているでしょうか?

更新日:

こんにちは、若ハゲのミカタ「あおい」です。

 

今回は、AGA(男性型脱毛症)について解説していこうと思います。

 

AGAは知っているという方もいるとは思いますが、今更AGAと思わずに詳しくAGAのことを知っていきましょう。

 

AGAを詳しく知っているだけで。

 

  • 改善方法を独自に編み出すことができる
  • 独自方法を生み出すことによりお金節約になる
  • 不安や心配が解消される
  • ストレスがなくなる
  • 病院に行かなくても薄毛を改善できる

 

こんなにもメリットがあるんです。

 

逆にAGAをあまりよく知らない状態だと。

 

  • 逆に進行してしまう改善法を試している
  • いつまでたっても発毛にたどり着けない
  • 毛根が死滅する

 

このような症状に陥っていきます。

 

これに紐づき下記のような最悪の状態にもなりえます。

  • 通勤電車などの周りから直視される場所には行けなくなる
  • 昼間はハゲが目立ち、一目からの視線がきになり外出できなくなる
  • 朝の髪セットが終わらずに、ストレスや時間に追われるようになる
  • イベントなどの長蛇の列になれべない(楽しみが減る)

今悩んでいる場合、徐々にこのような状況に陥っているのではないでしょうか?

 

最終的には、薄毛が原因で自殺を考える人もいるので、本当に早めに改善していかなくてはいけません。

 

私も一時期、「なんで俺だけがこんなことになってしまっの?」

 

「生きている意味ないかな?」なんて思ってしまった時期がありました。

 

若ハゲであれば、毛根が死滅している状態でない場合がほとんどなので、まずはAGAという症状がどのような症状なのか?

 

という情報から知っていきましょう。

 

AGAとは

 

AGAとは??

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

 

言葉の通り男性のみが起こりえる症状です。

 

この「男性のみ」というワード一つ覚えただけでも改善点が見つかりますよね。

 

そして、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、生え際や頭頂部、どちらか一方又は両方が薄くなってきます。

 

原因として、遺伝・男性ホルモンが主な原因として考えられています。

男性ホルモン

 

そもそも、男性ホルモンが薄毛に影響するわけではありません。

 

多少は影響するものの、男性ホルモン単体で頭がつるつるになることはほとんどありません。

 

では、何が影響しているのか...

 

それが、5aリダクターゼという男性ホルモン(テストステロン)の働きをより強めてしまう、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素が悪さをしています。

 

この、5aリダクターゼには、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼがあり、2型5αリダクターゼがさらに強力な男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成するとされています。

 

テストステロンとは

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で精巣から分泌されるステロイドホルモンです。

 

  • 精力
  • 筋肉増大
  • 毛深さ
  • 精子の生産

 

に関わっているといわれています。

 

ジヒドロテストステロンとは

こちらも男性ホルモンの一種で、AGAの原因になるホルモンです。

 

ジヒドロテストステロンの作用として、髪の毛の元となる細胞の「毛母細胞」の働きを低下させる作用があります。

 

テストステロンと5aリダクターゼが結び付きジヒドロテストステロンに変化します。

まとめ

AGAが何によって引き起こされているのかが分かったと思います。

 

ここから考えられることとして、普通の育毛剤・育毛サプリメントは全く効果がないという結果が出てくることがわかりますよね。

 

原因となる男性ホルモンジヒドロテストステロンを抑制する働きがある、育毛剤・栄養を取ることでAGAを改善することができます。

 

これから、私がおすすめする育毛剤や薬なども紹介していきますのでAGAを改善したい方は参考にしてみてください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

若ハゲ改善アドバイザー「あおい」

どうも「あおい」です。 元、M字・つむじの若ハゲだった私が一年間独学で薄毛を治す方法を見つけ、たった三か月でフサフサだったころの見た目に復活させた方法を公開しています。

Copyright© 若ハゲのミカタ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.